私の漢方薬

「うちの社長は部下の持ってくる情報を、いつも、間違っていると言って聞き入れない」 
「お母さんは依怙地になって自分の意見を通そうとするからお父さんといつもケンカ」 
「彼女は思い込みが激しくて、ぼくのいう事を絶対信じてくれない」 

・ 凝り固まった考えから一歩も出ず、頭はがちがち
・ 人に頑固とレッテルを張られ、正しいと思い込んで自信を持ちすぎ、得られるものを逃す
・ 他の人の意見を否定してばかりいるので、良いことを教えてもらえなくなる
情報過多に振り回され、タイミングを逸して、新しい方法を取り入れそこなう
・ 思い込みが激しくて、良い人を悪い人と、決めつける
前例だけを頼り、改革をしないから現状を後退させる
先入観が強すぎ依怙地になって人間関係を損ねる
・ 偉い人が、先生が言うのだから間違いないと思い込む
・ 信じ切ってしまい、他人の行為や考え方に否定的な意見をしてしまう。
 
障害物とは2

これ全部、私の経験をしたことを羅列しました。あなたも、同じような経験があるでしょう。社長や上司やお父さんもお母さんも「嫌われたくない」のに、ついついこれらの固定観念を抱いてしまいがちです。
人間は生きてゆくうちに、どんどん障害物を頭の中に詰め込んで、あるべき素直な状態から、自分を呪縛して、がんじがらめにします。そのさまは、ガムテープで縦、横十文字にテーピングした箱のようにがちがち状態です。子供の頭が柔軟なのは、先入観や固定観念を植え付けていないからです。
思い込み、先入観、固定観念、錯覚、外部の情報、教育、環境、経験など、原因は知らぬ間に刷り込まれ洗脳され、さらに、両親や目上の影響や、友達からの感化で、考え方が凝り固まっていきます。
人間は生まれてから障害物競走のグラウンドに立たされます。あなたの頭、あなたの心の中にあなた自身が詰め込んだ障害物。これは見えない「悪いインタンジブル・パワー」です。あなたを支配する力を持っています。障害物は外部から誰も取り除いてくれません。つける薬もありません。あっても即効性はなし。漢方薬のようにゆっくり時間がかかります。
無理に障害物に蓋をしたり、強制的に直そうとせず、理由や原因を突き止め、なぜそうなったか深く掘り下げて、理解したうえで排除する。

<私の漢方薬>
「相手のいう事をよく聞き」
「物や人をよく見て」
「決断する前に、間を取り」
「人とは距離を置いて眺め」
「自分が一番正しいと思わず」
「自信過剰にならない」
「なるほどとうなずく回数をふやす」

3歩すすんで2歩後退のペースです。さほどの苦労なく、効果がじわじわ出てきます。
組織や家族の中で、嫌われない自分になれるのならこの薬を試してみてはいかがですか。
そんな漢方薬、効かないよというならば、あなたの障害物はなくなりません。あなたにつける薬なし!

スポンサーサイト



プロフィール

山川 和子

Author:山川 和子
世界的ブランド「フェイラー」創業者 山川和子が起業家になりたいあなたへ「私の経験」から語れることをお伝えしましょう。

ビジネス成功へのキーワード「インタンジブル」(無形の力)を使って理論的、かつ実践的に学び、「成熟した人格」「感動的な人生を送るための手腕」「文化的な富裕」を同時に身に着けられることでしょう。

  <独ホーエンベルク>
YSH山川高齢者施設財団
「住みよい街」ホーエンベルク財団

日独で執筆&講演活動中 

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR