影 法 師(続・決断と責任)

人間は「人生の山」を登り、降りるまで「責任」という重いリュックを背負っています。いかに軽くするか、そのために必死で戦い続けます。責任は、まるで影法師のようにどこに逃げても追いかけてきて、リュックが空になることがありません。
「逃げるが勝ち」と、よく言われますが、それは毒蛇や熊が出たときまで取っておきましょう。

問題が発生した時、現実を直視したくない、できれば時間を稼いで、うやむやにして消し去りたい、他人のせいにし、責任を転嫁する。そのうち、責任を取ることの重大性さをすっかり忘れ、重いリュックを背負いきれず、投げ捨ててしまう。自分ひとりで責任を背負うことはつらい。なるべくそこから逃れたいのは人情です。

  人は転ぶと、まず「石」のせいにする
  石がなければ、「坂」のせいにする
  坂がなければ、「靴」のせいにする (タルムードより)

世の中はままなりません。どんな責任問題も正面から取り組んで解決しない限り、いつまでも何処までもくっついて離れません。現実逃避をし、責任を取らない結果、つぎのような恐ろしい実態が繰り広げられます。

謝罪、弁償、補償、リコール、クレーム、謝罪社告、裁判、訴訟、資格停止、コンプライアンス違反、倒産、取引停止、退職、別居、離婚、自殺などなど・・

企業は大きいほど物理的、時間的にトップまでの距離が長くなり、問題解決の迅速さを失います。下の図のようにピラミッドの頂点の人がよく使う言葉「知らなかった」「見なかった」「聞いていなかった」は実際その通りかもしれません。しかし、そのことがまさに責任のなさのなせる業なのです。
無責任体質
それなら、責任問題を起こさない方法、発生したら対処する方法はあるでしょうか。責任問題から逃げず、取り組めば解決できないことはありません。むしろ解決してやろうというあなたの前向きの姿勢、それ自体が解決の大きな一歩です。

① 問題から逃げない
② 問題を拡大せず、縮小せず、ありのままに受け入れる
③ 問題を時間をおかず、できるだけ早く、詳しく調査する
④ パニックにならず、会社での日常の業務や、家庭での生活は、冷静に淡々と続ける
⑤ 部下や、他の人に押し付けず、あなた自身がアクションリーダーになる
⑥ 信頼できる公的機関、第3者に相談する
⑦ 原因を突き止める(結果がある限り「原因がない」はあり得ない)
⑧ 解決と同時に再発防止のため組織改善や社内の環境整備の再構築。
⑨ 公正かつ厳重な処罰(スケープゴートを出したり、責任を部下におしつけるのは論外)
⑩ コミュニケーションの取り方に問題がないか(正しい情報を得ているか)
⑪ ビジョンから外れていないか(あるべき姿を再検証する)
⑫ 企業や家庭にとってベスト・ソリュ―ションを総合的に構築する
⑬ 起きたことを解決するのは大切だが、再発しないように手段を講じる

さてここで、私からの提案です。問題など起こらないほうがいい。起こったとしても、初期の段階で見つけるように、つぎのようなことことに気を配っていました。参考にしてください。

社長室のドアはオープン(いつでもだれでもが入室できるよう)にしていた
現場に足を運ぶ(特に商品管理部門、店舗、支店など)
部下の報告、意見の動機や事情を察知する(見えない背景が見えてくることもある)
火のないところに煙は立たない(噂話の中にも一片の真実あり)
直観力を磨き、使う(自分を信じる)
人間は誰もが間違いを犯し、弱い動物であると知っておく(自分もその一人)

問題は、小さい芽のうちに摘み、大きく繁殖してしまってからでは遅きに失することがあると心得ていました。これは企業の問題だけではありません。いっけん平穏に見える家庭においても、しかりです。

スポンサーサイト



プロフィール

山川 和子

Author:山川 和子
世界的ブランド「フェイラー」創業者 山川和子が起業家になりたいあなたへ「私の経験」から語れることをお伝えしましょう。

ビジネス成功へのキーワード「インタンジブル」(無形の力)を使って理論的、かつ実践的に学び、「成熟した人格」「感動的な人生を送るための手腕」「文化的な富裕」を同時に身に着けられることでしょう。

  <独ホーエンベルク>
YSH山川高齢者施設財団
「住みよい街」ホーエンベルク財団

日独で執筆&講演活動中 

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR