「手段」を賢く使う

「ビジョン」という言葉に慣れ、身近に感じるようになってきたと思いませんか。「自分が何をしたいか」「どうありたいか」「何を得たいか」など、目的も具体的になってきたはずです。

大きな目的より、達成しやすいことから始め、クリアしたら、次の目的を立てるというふうに進んでいけば、自信がつき、「よし、もっとやろう、つぎにいく」と、意欲的になります。欲張らず、あせらず、大きすぎず、到達可能な目的を掲げることから始めたらいいと思います。

人間、自分ひとりで何もかもやりこなせるはずはありません。限度があります。シャカリキになっても自分の知っていることなど、知れたものです。そんなときは、あなたのまわりを見渡してみて下さい。「目的」を手に入れるための「手段」が、いろいろ見つかります。それらが、あなたを大いに助けてくれるのです。

あなたが目的に向かって一歩前に進むとき、「情報」「コネクション」「先輩やその道の人から知恵をかりる」「専門家の技術」や「ネットや情報誌の知識」を得ることもできます。これら外部で見つかる「手段」はタンジブルで、参考になり、即戦力になります。それらを、あなたの創造力、勇気、努力、夢、向学心などのインタンジブルな力と結び付けることにより、効果が出ます。

さて、ここで打ち明けておきたいお話をしましょう。私たちがいちばん「手段」として使いたく、効果があると思っているのはお金ではありませんか?

実際、お金ほど「手段」として使えるものは他に見当たりません。お金の出番はここぞとばかり、「手段としては最高」です。生きる上で、仕事上で力を発揮し、助っ人となり、最高に役立ちます。ただしお金ほど間違えると「恐ろしい落とし穴」になり得ます。とことん、あなたをやっつけ、突き落としてしまう力も持っていますからご用心。

人を助けることができるのはお金、人の命さえ奪うこともできるのもお金、こんな両極端の力を持つのがお金です。それに、お金は「流動的で不安定」な性質をもっていますから永遠に手段とするわけにいきません。いつ必要か、そのタイミング、どれだけ必要か、をよく考える必要があります。

あなたがお金を運転しているつもりでも、お金があなたを運転することもあります。
お金と愛
そしてお金のほかに、もうひとつ「取扱い注意」なのが「愛」です。
愛も手段として絶大なエネルギーを持っています。この愛によって、ビジョンに近づくことができ、人に快適さや幸せをもたらすこともできます。ただし、愛もお金と同じで憎しみというアンビバレント(両価性)な関係を生みます。しかも、愛はいつ、ひっくり返るかわからない不安定さを持っています。裏目に出た時は危険そのものです。

自分では愛を「手段」として正しく使っているつもりが、夫婦、恋人、親子、友人の間でも、相手は「しつこい」「まとわりついてほしくない」と思っているかもしれません。エゴを持っている人間は、都合の良い時は愛、そうでないときはそこから逃げ出したいと思っているのです。残念なことに「上手く使えそうで、使えないのが愛」です。

お金も愛も、使う人次第でどちらにも転びます。ゆえに、「お金と愛を取り扱う際には、慎重に、そして、理性が必要」と心がけることです。

以前のブログで説明したコージマとワグナーのように王を死に追いやった理由の一つは愛とお金を「手段」として使ったからです。世のなかに起こるほとんどの悲劇はこの二つの手段の使い方により引き起こされます。

手段を選び、それを使って、いよいよ「行動」を起こします。あなたの成功のサークルの最後の段階に入ります。

スポンサーサイト



プロフィール

山川 和子

Author:山川 和子
世界的ブランド「フェイラー」創業者 山川和子が起業家になりたいあなたへ「私の経験」から語れることをお伝えしましょう。

ビジネス成功へのキーワード「インタンジブル」(無形の力)を使って理論的、かつ実践的に学び、「成熟した人格」「感動的な人生を送るための手腕」「文化的な富裕」を同時に身に着けられることでしょう。

  <独ホーエンベルク>
YSH山川高齢者施設財団
「住みよい街」ホーエンベルク財団

日独で執筆&講演活動中 

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR