ビジョンを言葉に

納得する人生を歩み、仕事をするために、あなたが最も大切で価値あると思うものをまず、10ほど挙げて下さい。

心に浮かんだことを素直に文字にしてみて下さい。
言葉にしないかぎり実行に結び付きません。

それを5つに絞り込んでください。(価値あるものを削るのはむずかしいです)
さらに、3つに(むずかしい選択になりました)
最終的に1つだけ残すとしたら?(脂汗が出そうですね)

あなたがビジョンを理解するための参考例をお教えします。
世界のニュースを扱うアメリカのメディア企業のA社は“いち早く”であり、B社は”正確に”です。どちらも報道においては最高のビジョンです。甲乙つけられません。

ラグビーのビジョンは、選手だった息子と孫によれば、“One for all, all for one”( 一人はみんなのために、みんなは一人のために) だそうです。素晴しいですね。

私が仕事で、モノづくりをしていた時は”日常生活の芸術品" でした。芸術の香りのない製品をお客様に送り届けたくない、見えない芸術性こそ顧客の感性にうったえ、満足を届けるという信念を持っていました。

私個人としては“安心安全”がビジョンでした。何せ、安心して、安全ならば仕事も日常もパワーが出るのですが、心配事があればてきめんにダウンしてしまいエネルギーが出なくなる。そのために、あらゆる方法を常に模索してきました。
2文字、4文字熟語、カタカナ、横文字、短い文章、俳句に仕立てて洒落てみるのも面白い。信用、信頼、責任、チャレンジ、清潔、健康生活、など、自分にとっていちばん大切と思うものは人それぞれ違います。今、あなたはなんとなく、ビジョン探しは自分探しであることが解ってきたと思います。

ビジョンは形がなく見えません。超現実的で永遠に追求していく価値となるものですから、近づいても、触れることはできません。でも、その見えない存在があなたにパワーを与えてくれるのです。言葉遊びではありません。まして、まやかしや迷信のようなものでもありません。それをこれからあなたは経験していくことになります。

これまでは、ビジョンを掲げることによる良い効果ばかりを強調してきましたが、もしそれがなければ、恐ろしい力であなたを苦しめることになる。そのことを、しっかり知っておくのもいいでしょう。新聞記事のほとんどが、個人も企業もビジョンがないゆえに引き起こされる問題ばかりです。
ビジョンがないと
「ベストより、ベター」という言葉があるとおり、ビジョンを掲げてすこしでもベターな人生を送り、ベターな仕事をして、納得いく生きかたをするなら、まさにそれはあたにとってベストだと言えませんか。

スポンサーサイト



プロフィール

山川 和子

Author:山川 和子
世界的ブランド「フェイラー」創業者 山川和子が起業家になりたいあなたへ「私の経験」から語れることをお伝えしましょう。

ビジネス成功へのキーワード「インタンジブル」(無形の力)を使って理論的、かつ実践的に学び、「成熟した人格」「感動的な人生を送るための手腕」「文化的な富裕」を同時に身に着けられることでしょう。

  <独ホーエンベルク>
YSH山川高齢者施設財団
「住みよい街」ホーエンベルク財団

日独で執筆&講演活動中 

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR