「信用と信頼」は機関車の燃料

「鍵は正直者のためだけにある。留守にするとき、ドアに鍵をかけるのは正直者が中に入らぬようにするためにある。悪人はかかっていようがいまいが、どっちみち入る。もしドアが開いていれば正直者でも誘惑に駆られて入ってしまうかもしれない。鍵をかけるのは正直者に悪いことをさせないためである」とは、ユダヤの聖典タルムードの一節です。

この警句は、人間にとって「信用と信頼」がどのようなものか深く考えさせます。どこか親鸞聖人の悪人正機説(しょうきせつ)の考え方に似ているように思えます。すべての人間を根源的に、おおきな枠の中で捉えています。善人も悪人も、正直者も、そうでない者も大差ないということでしょうか。

この「信用と信頼」問題を、さまざまな角度から眺めてみることにしましょう。

結婚の相手を選ぶのは相手のやさしさや、愛情の深さより「信頼、信用できる人であるかどうか」だと思います。毎日いっしょに生活するベースにこれがなかったら、愛さえ育ちません。前回の「責任」と並んで「信用と信頼」は人生を、仕事を支えるインタンジブルなパワーの中でもトップクラスに位置します。

たとえれば「責任」を屋根とすれば「信用と信頼」は柱のような関係です。この2つのあいだで社会や、仕事、家庭が成り立っています。重い屋根を、折れそうになっても辛うじて支えている柱、そのように想像してみて下さい。この2つのインタンジブルパワーは切っても切り離せない関係です。

「信用と信頼」は機関車の燃料のような役目を果たします。機関車は燃料を燃やし、貨車をひっぱります。貨車とは、経営者にとっては、会社であり、取引先であり、社員であったり、個人生活においては、家族、友だち、知人、近隣の人であったり。あなたが燃やす石炭=「信用と信頼」が、よい質であれば、貨車はあなたに牽引され、いっしょに走りますが、質が悪ければ、大量の煤(すす)を吐き、貨車は止まってしまいます。気が付けば、何も、誰も付いてこなかったという羽目になるでしょう。それが崩れた時は、元に戻るというわけにはいきません。孤独のどん底で再起不能となり、大切なものすべてを失うでしょう。

シェイクスピアの「オセロ」はこれを取り上げた不滅の文学です。オセロがいちばん信用していたキャシオに妻デズデモーナのハンカチを浮気の証拠にでっち上げられ、愛する妻を信用できずに殺します。キャシオの罠にはまったと気づいたオセロは妻の横で自害します。「信用と信頼」ほど、古今東西、文学の題材として取り上げられるインタンジブルパワーはありません。人間を牽引する最も強烈な機関車の燃料です。
機関車
「信用とは何か」「信頼とは何か」、私がいちばん大切にしている課題です。じつは「信用と信頼」というペアは、ほんとうは別々の燃料なのです。次回にその理由をくわしく説明したいと思います。このペアを使い分けることによって、明確な視野が広がっていくのを実感することでしょう。

手に入れたい良質の石炭、みずからが掘り当てて、せっせとくべながら、経営、人生というレールの上であなたが目指す「安住という名の駅」で無事下車するまで、燃やし続けて頂けたらと願っています。


スポンサーサイト



プロフィール

山川 和子

Author:山川 和子
世界的ブランド「フェイラー」創業者 山川和子が起業家になりたいあなたへ「私の経験」から語れることをお伝えしましょう。

ビジネス成功へのキーワード「インタンジブル」(無形の力)を使って理論的、かつ実践的に学び、「成熟した人格」「感動的な人生を送るための手腕」「文化的な富裕」を同時に身に着けられることでしょう。

  <独ホーエンベルク>
YSH山川高齢者施設財団
「住みよい街」ホーエンベルク財団

日独で執筆&講演活動中 

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR