信頼はあなたから発して、あなたに帰る

信用と違って信頼関係は人間の情動、感情や、欲望によって結ばれ、いつまでという期限が設定されるわけでなく、契約が交わされるわけでなく、約束も成り立たず、条件も存在しないという、インタンジブルな関係です。信用はタンジブルですから、真逆です。関係がこじれるか、相手が存在しなくなるまで続きますが、関係が続いているときはまるで永遠だと錯覚している人が案外多いのです。そこに問題がひそんでいます。

親子、兄弟、姉妹、友人、上司と部下、同僚、医師と患者、先生と生徒など、身近な関係ほど深く、濃く結ばれます。関係が築かれ続行している間は、幸せ、安心、満足、夢など、ポジティブな気持ちに満ち溢れています。読んで字のごとく、信じて、頼るのですから、それが不可能になったり、ひとたび崩れると心身ともに受けるダメージは相当なものです。他人なら割り切りや、忘れることもありますが、濃い関係は、そうはいきません。

しかも、自分が関係を壊すかもしれないし、相手が壊すかもしれません。一方だけが痛手を負う場合もあれば、双方が負うこともあります。

失望、絶交、別離、解消、破断、となり、人によっては再起不能に陥ります。オペラ「オセロ」のように殺人、自殺、何でも起こりえます。信用関係のように、第三者機関や、公的機関が介入できないので、もろ自分に跳ね返り、真っ黒こげになります。熱い関係なので理性も出番を失います。

甘え、嫉妬心、猜疑心、名誉欲、競争心、悪意、恨みからこじれた感情は修復するのに並たいていの努力ではすみません。まして、お金が絡む関係は厄介な問題を引き起こします。石川達三の「骨肉の倫理」の如くです。普段は、何事も起こらず、仲良くしていた理想的な家族でも「遺産相続」ともなれば「遺産争族」と変わります。

部外者が何かをしてあげられるわけでなく、理解や同情を得られたり、相談に乗ってもらえても、問題解決とはいきません。時がたつのを待つか、ずたずたに傷ついても修復するまで耐えるしかありません。特効薬は旅に出るとか、趣味に打ち込む、自然や動物に癒されるとか、一人で乗り越えるしかないのです。でも、この哀しく、苦しい山を乗り越えれば、あなたはとても強くなっています。私もそうです。そして人生や人間をより冷めた目で眺めることができ、自信も付き、賢くなって、人を選び、関係がもつれないよう距離を取るようになります。

私の主人の人生哲学(ユダヤ人でナチから逃げられた一人)は人と距離を置くという言葉を飛び越えて、「無関心でいる」という言葉が返ってきました。それは、人それぞれが自分を愛し生きているのだから「そっとしておく」という意味だそうです。クールですね。

信頼関係が長く良い状態をつづけるにはどんなことが考えられるのでしょう。
信頼の上に成り立つ人間関係
〇 どんな関係にもディスタンス(距離)を持っていること
〇 どんなに熱い関係でも理性を失わないように心がける
〇 人間の心は常に移ろい、心変わりすることを知っておく(あなたも、相手も)
〇 人間の気分や心は、お天気や他人の一言にも影響されるほど変わりやすい
〇 どんな関係もいずれは消滅する
〇 人間関係の達人などいない。みんな悩んでいる。貴方だけではない

母の手紙の中の言葉
「人の心の変化は四季の変化のように順序通りに巡らない。突然の変化があったり、背信がある。それに引きずられて怒ったり、嘆いたりしては、あなたの負け!」

スポンサーサイト



「信用と信頼」は機関車の燃料

「鍵は正直者のためだけにある。留守にするとき、ドアに鍵をかけるのは正直者が中に入らぬようにするためにある。悪人はかかっていようがいまいが、どっちみち入る。もしドアが開いていれば正直者でも誘惑に駆られて入ってしまうかもしれない。鍵をかけるのは正直者に悪いことをさせないためである」とは、ユダヤの聖典タルムードの一節です。

この警句は、人間にとって「信用と信頼」がどのようなものか深く考えさせます。どこか親鸞聖人の悪人正機説(しょうきせつ)の考え方に似ているように思えます。すべての人間を根源的に、おおきな枠の中で捉えています。善人も悪人も、正直者も、そうでない者も大差ないということでしょうか。

この「信用と信頼」問題を、さまざまな角度から眺めてみることにしましょう。

結婚の相手を選ぶのは相手のやさしさや、愛情の深さより「信頼、信用できる人であるかどうか」だと思います。毎日いっしょに生活するベースにこれがなかったら、愛さえ育ちません。前回の「責任」と並んで「信用と信頼」は人生を、仕事を支えるインタンジブルなパワーの中でもトップクラスに位置します。

たとえれば「責任」を屋根とすれば「信用と信頼」は柱のような関係です。この2つのあいだで社会や、仕事、家庭が成り立っています。重い屋根を、折れそうになっても辛うじて支えている柱、そのように想像してみて下さい。この2つのインタンジブルパワーは切っても切り離せない関係です。

「信用と信頼」は機関車の燃料のような役目を果たします。機関車は燃料を燃やし、貨車をひっぱります。貨車とは、経営者にとっては、会社であり、取引先であり、社員であったり、個人生活においては、家族、友だち、知人、近隣の人であったり。あなたが燃やす石炭=「信用と信頼」が、よい質であれば、貨車はあなたに牽引され、いっしょに走りますが、質が悪ければ、大量の煤(すす)を吐き、貨車は止まってしまいます。気が付けば、何も、誰も付いてこなかったという羽目になるでしょう。それが崩れた時は、元に戻るというわけにはいきません。孤独のどん底で再起不能となり、大切なものすべてを失うでしょう。

シェイクスピアの「オセロ」はこれを取り上げた不滅の文学です。オセロがいちばん信用していたキャシオに妻デズデモーナのハンカチを浮気の証拠にでっち上げられ、愛する妻を信用できずに殺します。キャシオの罠にはまったと気づいたオセロは妻の横で自害します。「信用と信頼」ほど、古今東西、文学の題材として取り上げられるインタンジブルパワーはありません。人間を牽引する最も強烈な機関車の燃料です。
機関車
「信用とは何か」「信頼とは何か」、私がいちばん大切にしている課題です。じつは「信用と信頼」というペアは、ほんとうは別々の燃料なのです。次回にその理由をくわしく説明したいと思います。このペアを使い分けることによって、明確な視野が広がっていくのを実感することでしょう。

手に入れたい良質の石炭、みずからが掘り当てて、せっせとくべながら、経営、人生というレールの上であなたが目指す「安住という名の駅」で無事下車するまで、燃やし続けて頂けたらと願っています。


背中のリュックには何が?

「もし、富士山に登るなら、リュックに詰めるいちばん大切な物はなに?」と聞かれて、ある人はスマホ、友だちは酸素ボンベ、そのまた友だちはホカロン、他の人は、水、意外だったのは聖書という人もありました。初めて登る人、すでに経験のある人、若い人、お年寄り答えはそれぞれで面白い。

富士山に登ったことのない私を含めて人間、誰もが登山家です。そして誰もが登る山があります。「人生という山」です。そのとおり、「人生は山登り」です。

岩場を越え、谷間で一休みし、汗をかきながら怖いもの知らずの若さで登り始めます。夢と希望というロープに引っ張られて頂上を目指し、やっと到着でき、一息ついたら、目前には早くも下りる道が迫っています。人生の峠に居続けるわけにはいきません。登った山は降りないわけにはいきません。山登りの一番きついのは下山でしょう。「下山上手は登山上手」です。麓に降りて、呼吸を整え、自分の登った人生の山の全景を眺めると、一心不乱に登っていた時の10倍ぐらいくっきり山が見えます。下山を果たした人の「人生望遠鏡」です。
登山のコピー
「人生山登り」はスマホやホカロンなどと違って背中に背負っているものの重いこと。その重さは計り知れません。それは、いったい何なのでしょう?姿のないもの、インタンジブルの中でいちばん重い「責任」です。それを途中で投げ捨てた人は血みどろになって転がり落ちるのみです。だから、下山するまで何が何でも背負っていなくては。

「責任」は下山途中で断捨離できません。それができる日は、命が消える日です。
自分一人だけが登るのならきついものですが、みんな登山仲間ですから励ましあうこともできます。生きとし生けるものは全員、万歳。みんなヒマラヤ級の登山を果たします。

さて、いちばん重いリュックの中味である「責任」について、それがどんなインタンジブルな力を持っているのか、少しずつ考えていきたいと思います。なぜなら、これを知り、使いこなせば、重いはずの人生が軽くなり、人生の登山も楽しくなり、いや、もっと自信にあふれ、理想とする人間性を身に着けられるからです。そしてその反対もしっかり知っていたいものです。

経営という登山にも、急な坂、ゴロゴロとした石や岩、があるのも当然のことです。そもそも、しっかりと靴の紐を結ばないうちは山登りはしないこと。
さて、経営者に降りかかる「責任」にはどのようなものがあるでしょうか。嫌な単語を並べてみました。

クレーム  リコール  謝罪  訴訟  裁判  損害補償  弁済  納税  慰謝料   損害賠償  契約不履行  リストラ  組織再編  労働争議  情報漏洩  オーナー会社の公私混同  不良債権  破産処理

いかにもおどろおどろしい単語ですが、責任を逃れよという気持ちさえなければ、なにも怖くはありません。責任を果たすはどういうことか、それは次回のテーマといたします。
とりあえず、今日は山の頂上でお茶を飲んで風景を楽しみ、高山植物を愛でてください。それも、もちろん山登りの醍醐味なのですから。

「意思」をもぎ取られた マリリン・モンローの悲しみ

きょうは自動掃除機「ルンバ」を買いに出かけるのに、朝の一時間ほど決心がつかないで過ごした。何と決断力のないこと! 結局、自宅にいることに。次の日は雨。傘と杖をもって外出は怖い。だから家に。その次の日は、足が痛くて外出できなかった。その翌日にお友だちが訪ねてくる。4日間も、もたもたしているうちに、まあ、いいか、そのうち買えばと先延ばしにする。さすがに、自分のだらしなさのために、欲しいものを買うチャンスを逃した。また、意志の弱さに憂鬱になった。目的を逃さないために意思決定は早くて強い方がいいですね。

朝食はパンか、ご飯か。青い背広か、グレーにするか。友達に会うか、買い物に行くか、朝から晩まで意思決定の連続です。人生はその蓄積で、今のあなたが存在します。意思決定の早い人、遅い人、強い人、弱い人、それぞれです。

決定するには、選択の葛藤(コンフリクト)がある。
決定しなければならない理由(リーズン)がある。
決定と同時に結果の責任(リスポンシビリティー)がうまれる。

事の大小にもよりますが、即決も危険です。イチかバチかサイコロで決められないし、「あとは野となれ山となれ」は無責任。そんな能天気では困ります。「錯信帯」のブログを読み返してください。

スマートに意思決定するにはさまざまな方法があります。
情報を活用、同じような問題に直面した人にアドバイスを受け、説明を聞く。数値や統計を調べる。直感やひらめきも捨てられません。決定する際に最も大切なポイントは、「自分にとって良いことを選択」しているかが明確であること。どの方法を取ろうとも、いちど決定すれば、結果の良し悪しはあなたの責任です。

意思決定が速い遅いは、とりもなおさず「錯信帯の長短」です。あなたが望むものがどれほどあなたにとって大切かという「意思」をしっかり持っていないと決定できません。他の人に、「どうしよう」と問うても、あなたの望むものを他の人が意見したり、決めたりするべきではないからです。

私は、女優マリリン・モンローが大好きです。ハリウッドの映画界で「金髪のお馬鹿さん」扱いにされてきました。本来のマリリンは頭脳明晰、勉強好き、演技力への努力は並外れていたそうです。仮面の裏はデリケートさと意志の強さが人一倍だったそうですが、幼児期のトラウマから自分に自信を持っていなかったゆえ、他人や他の世界の人に、人生をつくり上げられ、自分の望まなかった人生を生きてしまいました。

マリリンの人間性、本質は横に押しのけられ、アメリカンドリームのために「意思」をもぎとられ、徹底的に利用されてしまいました。作家トルーマン・カポーティの言葉が、印象的です。「マリリンは大きな孔雀だと思っていたのに、実際に出会ったマリリンは、小さな病めるカナリヤだった」。
くじゃくとカナリア2
マリリンの言葉・・・「私は自分の中味によってではなく、外見で判断されるのです。ハリウッドは、外見には1000ドル払っても、魂のためには50セントしか払いません」

マリリンから多くのことを教わります。自分の「意思」に正直に従って人生を生きる、それは人間が平等に持っている権利ではないでしょうか。ひとことに「意思決定」と言っても人生そのものと直結するインタンジブルな力なのだということを知っていただきたいと思います。
「じゃ、そうする」は禁句です。

「まあいいか」いや、「いかん」

ゴールデンウィークは、楽しい計画が予定通り実行されましたか? ふるさとに帰られたかたは、家族やご両親も、久しぶりに会えて喜ばれたことでしょう。ハワイは遠く、家族旅行には高くつくかもしれませんが、何が起こるかわからない世の中ですから、思ったら吉日ですね。

それとも、あなたは海外旅行や帰郷など、今年は断念しましたか? 家にいて静かに過ごしたいと思ったのなら、それは一つの選択肢ですから、帯は短いのです。でも、「まあ、いいか、今年はやめ」「そのうち行くだろう、会うだろう」と、しようと思ったことを実行に移さなかった場合は、帯は長いといえます。

さて、一度、錯信帯の長さをチェックしてみませんか? 合計した数字が少ないほど帯は短く、多いほど長いのです。錯信帯の長さは、自分の意志だけでそうなったのでなく、過去の経験、体験、教育、環境やトラウマ、苦い思いなどが邪魔したために、そのような癖がついたのも原因になります。まず採点をし、なぜ帯が長いか、ゆっくり、原因を探ってみてはどうですか? 帯を短くするためには、それがいちばんの近道です。
錯信帯

「錯信帯」セルフチェック

〇失敗を恐れ、迷い、先延ばしにする        1 2 3 4 5
〇過去を嘆き、後悔し、昔の栄光や成功にしがみつく 1 2 3 4 5
〇思いこみや固定観念に縛られる          1 2 3 4 5
〇時間を浪費し、行動をとらない          1 2 3 4 5
〇起きてもいない未来に、迷い、不安にかられる   1 2 3 4 5
〇責任を取ることを怖がり、逃げる         1 2 3 4 5
〇思い悩み、最終的な決断を下せない        1 2 3 4 5
〇人に頼り自立できない              1 2 3 4 5
〇人の意見に振り回される             1 2 3 4 5

わたしは子供のころ、早生まれで、体も心もひ弱く、小学校では同学年の人より、1年近く幼く、その差は厳しく、同級生についていけませんでした。ぐずで、いつも泣いていて、担任の先生に嫌われ、多少いじめられていました。兄弟の中でも目立たず、いつも兄や、姉へ気をつかい、妹の言いなりにもなっていました。青い顔をしてきょろきょろ周囲に気くばりしてばかり。両親に連れられて、お祭りや映画に家族全員が行くのに、5歳ごろからひとりでお留守番をしていたのです。梃子(てこ)でも動かぬ幼い娘に両親は心を痛めていました。

お留守番・・ひとりでいると空気を読む必要もなく、誰にも気兼ねせず、自由でいられ、自分の好きな事が出来る。母が用意したおやつを食べながら、塗り絵をしたり、思いきり空想をしたり、存分に自分を解放できたからでしょう。

ところが、5年生の時にマラソン大会があり、いきなり全校で1等になり、先生も同級生もびっくり仰天。当の私はきょとんとするばかり。その後これがきっかけとなり、自信がつき、クラスメートが自分より強く、優れているという思いは消えてしまいました。兄弟の中でも同等の距離感が持て、無意識のうちに自己変革ができたのでした。これは自己評価(前回のマトリックスを参照)にもつながり自信を持つようになった証拠です。長い年月が経ってから、なぜ変わっていったのか理解できました。

努力すれば自分をかえられ、あるいは私のように偶然の出来事で自分が変わることができるのは事実です。たとえ、子供の時代でもそうなのですから、社会人なら、そのチャンスはいっぱいあります。そんなチャンスを逃してほしくありません。千載一遇のチャンスです。それをきっかけに、「自分改造プロジェクト」を始めることをおすすめします。努力をおしむことなく、まず自分を中心にして、好きなことを実行に移す習慣を身に着けたらいかがでしょうか。

「そうやなー、まあいいか。そのうち変わるだろう」はペケ、怠け者!
「来年あたりから、やってみようか」それもペケ、時間のむだ!
「齢だから、その必要ないかなー」はダブルペケ、時間がない、急げ!

プロフィール

山川 和子

Author:山川 和子
世界的ブランド「フェイラー」創業者 山川和子が起業家になりたいあなたへ「私の経験」から語れることをお伝えしましょう。

ビジネス成功へのキーワード「インタンジブル」(無形の力)を使って理論的、かつ実践的に学び、「成熟した人格」「感動的な人生を送るための手腕」「文化的な富裕」を同時に身に着けられることでしょう。

  <独ホーエンベルク>
YSH山川高齢者施設財団
「住みよい街」ホーエンベルク財団

日独で執筆&講演活動中 

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR